Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ghouten’s diary

mi amas mono.

代謝も退社も大差なし

二晩連続の深夜のお片付けから。まずは要らない段ボールを畳んで捨てに出す。本を古本屋に出すのに使いやすそうな奴と、窓の断熱に使いやすそうな奴は残しておく。それでもだいぶ捨てた。ただの使用済みの箱なのに、なぜか捨てられなかったのだ。長く置くと情が移っちゃうようだ。やはり、長く置かないことが大事。情を移すべきでないような、つまらないものを減らし、他の大切なものに情を移すようにしよう。

ガラクタを整理していたら、いわゆるビームサーベル状になった10年前のポスターが2枚出てきた。なぜか画鋲を持っているので、とりあえず壁に貼ってみた。一度開いたことがあるかないか、まずは「こんなポスター持っていたんだ」というところ。あと、やっぱり普段貼らない物を貼ると違和感がある。無ければ無いで清潔すぎて疲れるような気もするが、あればあるでうるさい。2~3日で嫌になって剥がすことになるだろう。と思ったけど、半日ほどすると慣れてきた。そのうち意識もしなくなるのだろう。段ボールの場合と同じように、こうやって無意識は作り変えられていき、その状態の惰性による維持を望むのだ。どうせなら選びに選んだ素敵な絵を貼らなければ、だ。

あとはポテチ食べて寝落ちして起きてラジオ聞いてカップうどん食べて、もう着ない服とかを捨てる。捨てるだけじゃ片手落ち。新しいのを買って、徐々に代謝していかないと。

トラックボールが調子悪くてそろそろ寿命かと思って、一応どこがへたってるのか見てやろうと思って分解して、意外とホコリが溜まっていたので掃除してみて、復活した。ぜんぜん寿命じゃなかった。2~3年に一度のペースでこの一人相撲を繰り返してる気がする。今年の秋で10年になるが、いやそもそもそう簡単に消耗するものじゃないだろ、という。

Firefox をいろいろいじる。最新版を入れながら旧版(Portable)に戻っていたのだが、毎回フリーズするようになったので、腹を据えて一本化した。素直に移れなかったのは、あの密度の低いオシャレUIが嫌いだったから。いろいろ調べてスリムにできたので、覚書を残しておこう。

まずこれ、「FirefoxのタブをStylishで四角くする(http://ch.nicovideo.jp/suteranism/blomaga/ar662953)」だけでも(錯覚なのだけど)すっきり感が出る。タブを閉じるボタンとタブ一覧ボタンは about:config から消せる。extensions.tabmix.tabs.closeButtons.enable を false、extensions.tabmix.hideAllTabsButton を true。あとタブの Favicon がうるさいので消す。バージョンにより方法が少し違うらしく、探したが、userChrome.cssを作って「.tabbrowser-tabs .tab-icon { display: none; } 」を記入するのが正解。で、最後に「Classic Theme Restorer(https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/classicthemerestorer/)」を入れて戻るボタンを“テキストのみ”にすると、アドレスバーもすっきり。というか、これ入れればstylishは要らなかったのかな。

買出しして、お三時すら過ぎた昼食をとる。ブックマークやツイッターのフォロー整理をする。今年二度目のジョギングに行く。何度も走ってるが距離を知らなかったので調べると、8km ちょいの経路のようだ。無理せず焦らず、ちょうど一時間くらい。あとは手動で髪を整えるなど。手動はつらいというか、全般的に時間が掛かる方向になってきててヤバげ。

意外と頭を洗えていないらしい。濡れた状態のフケは、ペースト状に手に付く。何も見えないが、手を擦り合わせると白いカスがぽろぽろ落ちる。

ジョギング後は、目の下のクマが軽減されるような、少なくとも青い血管は見えにくくなってる気がする。眉唾だが、あまり活用されていない目の周りの筋肉を意識的に使って血を巡らせることで、いろんな効果がある、との説を知った。運動やストレッチにより各部の柔軟性&血行を良くするのは良いことだ。試して見る価値はあるだろう。

明日は早い。Don't think. Sleep...