Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ghouten’s diary

mi amas mono.

孵化に失敗したトゲピーのような髪型

 いつか一度やってみたい職業ランキング第一位に「タクシー運転手」がランクインしてる。大好きなマイホームタウンで働くのだ。道という道を知り尽くし、ナビにも負けない最速運用をする。エスパーのように需要を読んで客を拾いまくる。いろんな時間帯、いろんな場所を走って、いろんな客の人生模様を覗き見る。きっと楽しいよ。昼間も良し、深夜も良し。定年になったら是非やってみたいものだが、その頃にはきっとこの職業自体が自動運転車やらシェアライドやらに駆逐されて絶滅しているだろうし、そもそも定年が無くなっている地獄かもしれない。あくまでもささやかな妄想として、心に留めておくだけにするよ。
 
 「どうぞこのまま」をテレビで偶然2アレンジ聞いて気になりすぎたので、Youtube で本家を見つけてアホみたいにリピート再生、数日で熱が冷める。よく「投入角度が急」と表現してしまうのだが、一瞬で引き寄せられるものはまた、一瞬で燃え尽きてしまうものでもある。思い出した頃に「やっぱ、これいいよね」程度が、一番良い関係なのだろう。これを利用し、定着させたいものはわざとスローペースで、焦らず自制して、「継続は力なり」と言い聞かせて。逆に深入りしたくない、無駄遣いしたくない時には最初から二歩三歩先の背伸びした手を打ってしまって。
 
 クマが消えない。顔が長い。胸が無い。コンプレックスパーティーだ。
 
 いまいち洗車の仕方が分からない。何か付着物が取れないと思ったら小さな穴が開いてる?どうしてこうなる?陰干ししたと思ったら水垂れ跡だらけ。ほどほどにエアブローすることが必要だったのか?すすぎが不十分で洗剤が残っているのか?
 
 漠然と、十和田湖温泉に行きたい。別にそこは名指しじゃなくても良いのだが、東北地方に足を踏み入れたことが無いから、一度どこかに、できれば是非みちのくの方に行ってみたい。最近知った八戸キャニオンとかも良い。いつかやったスキーを再開して、スキー・温泉との抱き合わせツアーで三泊四日くらいかな。最高じゃないか。
 
 「塩水で鉄が錆びやすい」ことは常識だけど、意外とメカニズムがよくわからない。溶液に伝導性が無ければ錆びは進まない。塩化物イオンが錆び自体を溶かす。潮解作用。なんかいろいろ複合的な要因みたいだが、実によくわからない。
 
 夜の Google マップ散歩。実家の向かいが寂れた感じの出会い系になってたり、高校の周りがすっかり変わってしまったり、ショックばかりだ。ぼくらの過ごした学校はもう存在しない。われら卒業生は生きる伝説になったのだ。駅の周りだって、ぜんぜん綺麗になってしまった。どこだこの知らないニュータウンは。Google カーを物珍しげに見る後輩たち。あの薄汚い下町は、どこへ行ってしまった。一方で、例の改造車の隠れ家にはいまだに謎の車体が立てかけてあったり、変わらないな。ホテルニューヨークも変わらない。向こうの道にも入口があって、意外と大きかったのだ。おまけにあんな遠くから見えるのだ。いったい何十年前からあるのだろう。
 
 急に春のようだ、と思ったのももう一週間二週間前。その前の週が雪。草のにおいなのだろうか。なんだか、春のようなにおいがしてくる。外に出る時間が全然少ないのに、いやそれゆえにか、季節に敏感になる。
 
 おっと、もう3/4くらい通信料を使ってるぞ。ピンチ感だ。
 
 トイレ系の夢を連続で見る。やたら太いキノコ形の物が出て、すげー、と思ってると、鍵が掛かってなくて人がドアを開けてしまったので、とりあえず前を隠したまま謝る。次は、電話ボックスみたいなガラス張りのトイレで、便器が格納式なのだが、それは使わず、上の方にある洗剤投入口みたいなところに小用を足し、どや顔で出てきたものの、正しい使い方だったのか分からん。トイレを見られる、というまた暗示的なパターン。自信過剰になってるのか。逆に、トイレを探すパターンをこのところとんと見ない気がする。
 
 そしてリアルタイムへ。ピザはバランス栄養食。テレビと二度寝と思い出漁りに休日は融け、また何も準備できないまま新しい一日が始まっていく。
 
 
 まどろみは クリーム色に 濃く甘く

虚無から生まれた虚無太郎

2/22朝

 何も感じない。何も考えが浮かばない。無に近い。「空」なのか「虚」なのか「妄」なのか、あるいは単に眠いのか、栄養不足なのか。

 鳥の爆撃に遭って、拭き取ってもいなかったので朝から洗車へ。鳥にも、逆に感謝しないといけないかもしれない。どちらにせよ融雪剤で汚かったから行くつもりだったんだけど。
 
 なんだか目が痒いのかな。2月のこの時期からということは、やっぱり花粉症大丈夫じゃないんじゃないかな。

 昼を挟んで4時間くらい爆睡。やはり疲れているのか。セブンイレブンのサンドイッチを食べて「相変わらず、なんでこんなに旨いんだ」とうなる夢を見る。2種類買って片方を誰かに取られてしまうのだが、そんなに気にしない。

2/平時

 生活のための仕事なのか、持ってもいない正義のための仕事なのか。余計なことを考えると、どんどんモチベーションが落ちてくる。余計な考えは敵。賢い資産運用のことでも考えて暮らせよ。

 だいなファイラーの背景が透過しなくなる。代わりにゲームバーのメッセージが出てしまう。画面を開いたままガチャガチャ無意味にコントローラーを動かしたからか。挙句、関係なさそうなオプションを変えたら透過に戻った、という夢を見る。

2/27-28

 久しぶりの4時起きか。変な時間に寝たり起きたりしておかしくなる。少々危険なドライブ。おまけにせっかくの空港でバッテリー無い芸。汗かいて目覚めて、雑誌眺めて、また寝てみたいなループ。あっという間の週末。一時間という時間の重さ。テレビを12年間も見続ける。

 いまいち、SNS とのポジション分けが分からなくなってくる。単に長文はこっちという感じだし、長文というほどの長文も無く。

否定をしない夢

 知的障害の回復セミナーのようなものを見ていた。まず被験者に対し、例えば「太陽の色は赤か、黄色か?」といった2択の問題を出し、じっと反応を待つ。もし被験者が「赤」を選んだと思われる挙動を取ったら、「そうか!太陽の色は赤いんだね!すごい!赤だよ!その通りだ!」といった感じで猛烈に肯定し、褒める。どちらを選んでも全肯定する。そして次の2択の問題に進む。このようなプロセスを繰り返すことで、被験者の自我が成長し、また言語能力が向上し、知的障害の回復に繋がるのだという。

 実家で、ゴルフに行くために服を探す。チノパンはすぐに見つかったのだが、シャツが見つからない。白い、半袖と長袖のポロシャツがあったと思ったのだ(8月の君の誕生日にプレゼントされたのか?)。あちこちに、ちょうど靴を買ったときに入れられているような紙箱が置いてある。確か母が、シャツをどれかに入れてくれているのだ。一つ一つ開けて探すが、なかなか見つからない。隣の部屋に居るので聞こうかと思ったのだが、母は「話し掛けないで」とばかりに、枕を抱え顔をうずめるようにして寝ている。そういう時もあるのだろうと、起こすのはやめる(確かに母だと感じたのだが、同時に妙に若くてスリムで、ちょうどミサトさんみたいだとも感じていた)。

 不意に、この町の下水がどのように処理されているのか気になる。川に垂れ流しているわけでは無いようだ。同僚?に尋ねると、河口そばの埋立地下水処理場があることを教えてくれる。50m四方といったところか、小ぶりな正方形の埋立地があり、その島全体が下水処理場なのだ。場所的には大黒ふ頭の先、ベイブリッジの横か。下水管が海の下を通っているわけで、少し不思議な気もする。同僚は同時に「あの辺りは“出る”らしいから近づかないほうがいいよ」と脅かしてくる。同じような正方形の島が、横浜港にいくつも浮かんでいる。下水処理場のすぐ隣の島にはパルコがある。この店舗は自分の生まれてくる前からある老舗だし、業績も良いと聞いている。幽霊や悪霊の類がいるとは到底思えない。しかし一方、科学で説明できない霊的なものの存在があることは、自分は 100% は否定しない。そのことを伝えると、意外そうな顔をされる。

 よくわからないドライブからのよくわからない冷やかしショッピング回り。仮眠をとってからナルドバーガーに来たが、あんまりうまくないと思う。混んでるのは嫌だけど、回転が速い時間帯じゃないと、やはり作り置きになってしまうからだろう。


雪溶けて 油まみれの 子供かな

いい人だけど鼻血が出てる

 パンは戦後に普及した。たかだか70年の歴史だ。米国の占領政策の一環だった。それなのに、いまや日本では米国よりもうまいパンがこんなに手軽に手に入る。たかだかスーパーマーケットや駅ナカごときで、菓子パン、惣菜パンなんて充実しすぎるくらい充実していて、どう考えても本家越え状態だ。それで良いのか米国。あと、そんな状態なのにいまだに小麦の自給率が上げられない日本も、それで良いのか日本。世界は矛盾と無駄に満ち満ちている。

 半年近く待ち、ついに納車だ。ダウングレードだ。まあしかし、大きい車も小さい車もそれぞれの良さがあるのだ。確かに、後ろに人を乗せるなら大きくゆったりした車が良いし、収納も多けりゃ便利だ。フルサイズSUVに憧れたりする。でもチョイ乗りの使い勝手の良さと、ソリッドな運転感覚なら小さい車だ。ホットハッチ的な車にも乗ってみたくなる。ざっくり言って大型SUVとコンパクトスポーツの2台持ちならどんな時も万全に応えられるのだろうし、どうせならいろいろ乗り換えてみるのが楽しいだろうし、結局レンタカー最強というところで落ち着いた。

 生物としての「充分勝った状態」とは。生殖可能期間の半分を浪費する意味とは。核家族化という絶滅政策・・・。嫌なことばかり考える。いかに現代社会が、自分の現実が、生物学的な原則、当たり前から乖離しているか。まったく、生物学は信奉すればするほど厭世的になる、死に至る思想/宗教だ?

 腐っても世界のトヨタ自動車、世界のトヨタ紡織。内装はワンランクもツーランクも上なのだ。そしてそれをぶち壊す、がっかりオーディオ。カーナビみたいなタッチパネルは本当に必要だろうか。シンプルな単色ELのほうがオシャレだと思うのは、頭が昭和だからだろうか。

 仕事が楽しくて困る。何も実質的・技能的には解決していないのだが、心持が変わった。一年間どこかでくすぶっていた心のわだかまりが、嘘のように氷解したのだ。不思議なもので、思い詰めてどん底に近づいた時にこそ人に救われるのだ。本当に自分は恵まれている、運が良いと思う。

 演歌歌手がくねくね踊りながら歌う。動きすぎてて不安になる。目が回る。脳内アセトアルデヒドが分泌される。

 サービスが落ちてるのか分からないけど、うまく投稿できない。おまけに超過料金になりそう。明日マック行って投稿する。

 知らぬうちに節分が過ぎている。ピーナッツなら歳の数以上に食べているんじゃなかろうか。流れないけど鼻血が出てる。


夢語る 眠みひとつを ともにして

じっくりコトコト煮込んだ無力感

南極支社への出向を突然命じられる。なぜか元気良く二つ返事で了承し、「露営の歌」を歌い始める。でも、引っ越しはどうすればいいのだろう、いや家はこのままで良くて、長期出張のような感じで基地での共同生活になるのだろう、そうするとぜんぜん女子力も協調性もないけどどうしよう、などとあれこれ想像する。

女子中高生の群れが陸上競技場をワラワラと走る映像を見ている。競技っぽいが、どういうわけか制服だ。あちこちで頻繁に転倒が起きるのだが、見事に一回転二回転してみんな何事も無かったかのように走り続ける。その持ち直しも見事だし、スカートがめくれないのも見事。愛子様が転倒なんて、不吉な。。

実家の引っ越しが終わろうとしている。ダイニングに座って、壁に掛けてあった12月のカレンダーを、もうじき12月も終わりだからと丸めて捨てて、さてそろそろ出発かなと思ってふと見ると、階段下に掃除機とお米が置きっぱなしだ。おやと思いながら自分の部屋に行ってみると、まったく何も荷造りがされていない。段ボールはどこだ、いやどう考えても今日中に終わらないぞ、とパニックになる。

妙にはっきりしていて、しかも脈絡が無くて暗示的な夢を見て起きた朝は。とても残念なことに、三つばかりのチャンネルを飽きるたびに切り替えていくだけで、夕方になってしまうのだ。

いかん! ねすごした ようじゃ

レンタカーは色んな車種を利用したことがあるけど、なぜかよく覚えているのは軽ばかりだ。必死に走る感じが楽しいからだろうか。必死ゆえに「相棒」という感じがしてくるからだろうか。不思議なことに(無計画なことに)、軽やコンパクトの時ほど長距離を走ってるせいもあると思う。やはり車はレンタカーが良い。いろいろ乗れるし新車だし。

ハエトリグモを久しく見ない気がする。またマウスカーソルで戯れたいのだが。

早く起きて食事をするけど二度寝という。三文のドクドク。時間を置きすぎるのは良くないが、かといって安売りもいけない。あと、昼にご飯は炊いた。いつものパターンか。しかし、変な感じだ。まだこんな時間、のようでもあとり、もうこんな時間、のようでもあり。ずっと夜のような感じもする。時間が無限にあったら何をしたいですか。

冷蔵庫前の床でひと月、放置熟成されたスタップ細胞をお湯に入れ!

「のどか」購入した。月に帰ってきた。命知らずなことに、体験版を試さずにいきなりお金払ってる。インストールで干渉メッセージは出たが、気にせずインストールして問題なし。前のPCの設定ファイルそのままでも十分快適だが、このPCが新しくて気持ちがフレッシュなうちに見直しを掛けよう。
スペースをSandSワンショットのモディファイアにしてるのは考え物。かといって変換キーにしてしまうと、左手では使えなくなるんだよな。どちらかというと、ワンショット必要なAlt+Spaceをどこかにアサインするのが良いのかもしれない。

二人は残念な爆睡をして朝チュン。一度もドアを開けず。床に転がるパソコン。

祖父母の家で、母と留守番をする夢を見る。朝、祖父が出かけていくのを見送り、蛇腹の門を閉める。内側からロックする場所が数か所あり、確実に閉めるように母に言われる。このあたりは物騒なのだ。ところで祖父母は何をしに出かけたのだろう。老人会?病院?聞こうとしたところで夢は終わる。

魔法少女4人組が出動。和室で寛いでいたのだが、リーダーの黄色髪少女が、黒髪少女の私に「言わなくてもわかると思うけど、出動よ」という感じで準備を促す。ここから変身していくわけではなく、変身しやすいラフな部屋着の格好で出かけるのだ。とりあえず靴下を履き、リーダーについていった先で靴を履くのだが、うまく履けない。靴下の爪先に綿のような大きな塊があるのだった。この塊を土踏まずの下に持ってくれば、とりあえず用は足りるだろうと、少々焦りながら準備する。

前髪にこれ見よがしに混じる白髪は、2~3本あるだけで増えはしていないようだ。でもしっかり伸び続けている。そのうち関口ひろしみたいになってしまうかもしれない。

コンビニエンスストアになったような不便さだ。(?)


年末の 予定を聞かれ これからと

こんな小春日和の穏やかな秘話

夢の中で、中島みゆき「時代」を合唱していた。アカペラで、数十人規模のパーティのような場所で。まあみんなよく歌詞を覚えているな、と思う。一番二番が混ざったデタラメ歌詞になってしまうのは自分だけで。

小用を足している。結構な跳ね返りがあり、ゴムスリッパを履いた足が汚れるのを感じるが、このあと水泳の授業があるからと、あまり気にしない。そういえば水着を持って来ていただろうか、と不安になるが、そばに小さな陳列棚があり、値札こそ大っぴらに貼っていないが、授業用然りとしたものをちゃっかり無人販売しているのだった。

初めての圧迫面接、それでいてお互い茶番だと分かっている面接をこなし、一瞬でパスしたのだった。インチキおじさんの神髄を発揮しちゃう。

また耳が詰まり掛けてる。チェックメイトな左耳。耳かきを自重せねばならない。おそらく1ミリ以下の穴しか開いていない状態なのだろう。自然治癒力を引き出さねばならない。

生き抜くために贈られたプレゼントとは。切実なる。

おいしそうな揚げ物のにおいがする。しかしそれは、決して近所のトンカツ屋さんではないのだ。においに引き寄せられて行ってみれば、およそ似ても似つかないものを出されるのだ。

上限が近いのでプランを変える。まさに彼奴等の思う壺。くやしい。でも使っちゃう。

お礼のメールを打つためだけに出直すのだ。人間らしさを取り戻しに行くのだ。愛してると言うためだけに呼び止めるように。いや、呼び出すのか?

夜は捗らない魔法。「海は」が主語で「季節なの」が述語、という一見破綻しているような表現がありなのだから、こういう言い方だってありのはずだ。完全に昼型になってしまったな。昼型かつウィークリー型だ。



巻き戻す ペーパータオルに 滲む汗