Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ghouten’s diary

mi amas mono.

寝込む機械

ようやく少し復活してきたっぽい。連休になると体調を崩すから困る。一週間と立たずにこれなんだから、クビにでもなったら文字通り死ぬな。

無理にでもリズムを作ったほうが良いようだ。もっと音楽を聴く。だるければ体を動かしてみる。あれこれ言わずに時間になったら食べる、寝る。

いい加減、明日には帰省しとかないとアレだろう。なんだかんだで、みんなジッカともシャカイともうまくやってるのが妬ましい。ちょっとだけ、家出少女みたいな気分になってみる。

「森を見る力」を読み終えた。“みんなで豊かになる”という目標を達成しながらも、そこに至る方法論が強力すぎたので、達成後もやり方を変えられず、結果世の中おかしくなってる、という見方、非常に納得させられた。組織の時代が終わって、個の時代になりつつあるのだろう。しかし、カリスマ的な人間はともかく、組織にぶら下がることしかできない人間はどうなるんだろう。教養をつければ、想像力を持てば、いつかそのうちたぶんきっと救われる、というのだろうか。なんとも晴れない。

明日とか言ってるうちに日付が変わってた。2014年も残りわずか。来年は大事な年になるかもしれないし、どうでもいい年にしてしまうのかもしれない。気力勝負なのか自己暗示勝負なのか、とにかくそういう精神論で生き延びることになりそう。どうしてこうなった、とか言わない。

なんだか愚痴っぽいことしか出てこないのでここらで。